嶋本秀朗ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆれる地下鉄

地震ゆれましたね。。

工藤先生の一周忌の集まりの後、
地下鉄で帰宅する時。。

初めて地下鉄が大きくゆれるのを感じました。
皆さんは大丈夫ですか?
IMG_0001.jpg

スポンサーサイト

パリレポ 番外編

さてさて、、
無事に撮影も終わり、、帰国ー。

でも、せっかくパリに来たのだから、と、
一日だけ、、帰国を延ばしました。

宿もレピュブリックから、サンジョルジュにー。
ピギャールの近く、、安宿です。。笑。
でも、サンジョルジュは初めて行きましたが、、
住み易そうな町、落ち着きもあって、、(昼間はー)

写真

劇場もあり、悪くないです。

そして、一日のオフのスケジュールはー

まずはサンジョルジョのホテルのすぐ近くの
「ギュスターヴ・モロー美術館」に!

モローが好きで。

写真

おしゃれな自宅を使っての美術館。
古いたてもので、トイレも往事のままー。

写真

写真
写真

どんだけあんねん〜〜。てくらいいっぱい!!

でもそこで、、、
前日の夜、スペイン料理を食べながら、、
こんどはいつお会い出来ますかね??
などど別れを惜しんだ、兄の友人Mご夫妻に再会!!!

パリってそんなに広くないし、、美術館いっぱいあるし、、。
大ビックリでした。

そして、

プチパレに参りまして、、美術鑑賞ー。
写真 1
ボルゾイだ。。

そして大好きなピサロも!
写真 2

こんなシュールな彫刻も好きー。
写真


で、自分の誕生日の名前の9/4通りを歩き、、
写真

オペラ座(ガルニエ)に。

バレエのマノンを通訳して頂いた和泉さんと鑑賞。
自分の席から見える舞台はこんなー。
写真

写真

写真

バレエのサイガ先生に言わせると、
『マノンはロイヤルのレパートリーだから、オペラ座のはチトなんでなかった?』と。

さすがです。

でも、素敵でしたよ、、ちょっとマスネーの音楽が睡魔を呼びましたが、、。
そして二度目のビックリ。モローの美術館で会った兄の友人のMさんが連れていってくれた
レストランのマダムにオペラ座で再会ー。びっくりしてMさんにメールすると
もう、見えない縁で絡めとられてますなー、と。笑

とにかく
なんと贅沢な一日、、。

でもね、、
ここがパリの素敵なとこ。

モロー美術館の入館料は  500円
プチパレの入館料は    無料
オペラ座の入場料は   1200円

全部で  1700円

文化の豊かな国って素晴らしい!

だからまた行きたくなるー。
(スリは多いけど)

そんなこんなの番外編でしたー。

浜名湖のぼくめし

昨日今日は、父、兄夫婦、と旅にて、浜名湖の舘山寺温泉に。

部屋からは浜名湖を一望でき、のんびりと。
写真

温泉もなかなか良かったです。
んで、いちばん美味しかったのは、ぼくめし。
うなぎ、山椒、ごぼうのまぜごはん。
なんでも手間が大層かかるそうな、、。

とんぼ帰りにて、椿山荘のディナーショーへ。

ほたるも鑑賞出来て満足でした。
で、でも
あしたからまたダイエットせねば。。。。

パリレポ4

今日は昼間から8月のステージの打ち合わせで雑賀先生と、。

雑賀先生は、本当に分かり合える方で、
「お嶋は、前世は兄弟だったかも、、」と先生がおっしゃる程。

お嶋、と呼ぶのは、雑賀先生とマジーさんこと真島茂樹さんのみー笑

さて、パリは三日間の録音が終わり、四日目はジャケット撮影ー。
ヴォージュ広場のキャフェにて。。

写真


パリで撮影は、夢の一つでしたので、、嬉しかったです。

どんなCDのジャケットになりますか、、。

乞うご期待!!

ラストレッスン

今日は自分にとって、、意味のある一日でした。

本番があるわけでもないのですが、
なんとしても体調を整えなくてはならない日。。

それは、自分の32年間通っていたスタジオでのラストレッスン。
明日で、柳昭子JAZZ DANCE CITYがクローズするのです。。

19歳で初めて門をたたき、、32年、、通いました。

ビックリです。

ず〜〜っと師事した柳先生。

怖くて、可愛らしい先生。

その先生のレッスンも今日が最後。

行く道すがら、既にセンチメントに。

そりゃ、なにも知らない10代から通い、
ふてぶてしくなった50代になっても通っているスタジオですから。

でも、先生は凛として、いつものようにダメ出しされ、
涙もみせずに、教えて下さいました。
キリッとした眼差しで。

先生の振りは難しいのです。
簡単そうに見えて、全く難しい。
手先、足先、までトコトン集中しないと踊れません。

どんだけシゴかれた事か。
受けたレッスンは1000回ではきかないです。
それでも、まだ、先生の気に入る踊りが踊れていません。。
32年間で、褒めてもらったのが3回。。
その3回がどれ程嬉しかったか。

ひたすら感謝、、、。
このスタジオに行けばいつでも先生のレッスンが受けられる、、、訳でした。
そのスタジオが無くなる寂しさもとてつもないですが、
それと同時に、柳スタイルのダンスを継承しなければ、という強い思いも生まれます。

幸い自分にはカンパニーがあり、公演が出来る。。
先生のスタイルを創る事が出来る。
頑張らねば、と思います。

初めて先生と撮ったスタジオでの写真。宝物です。
Unknown-4.jpeg

柳先生、、32年間、ありがとうございました。

パリレポ3&マスタリング

今日は祐天寺にある
STUDIO MECH にて日本サイドのマスタリングでしたー。

無事に終わり、音源は工場へと参りましたー。

さて、パリでのレコーディング風景。
セナールにあるハウススタジオにてー。

こちらは母屋ー。
写真
そしてこちらがスタジオ
写真

鳥のさえずりも聞こえる、、
素敵な場所。
心穏やかに録音出来ました。

録音ブースはこんな
写真

一生懸命働いてくれてるジャン!
写真

歌手のブースは二階。。

一階ではミュージシャンがー。
写真

ジェラールは全身を耳にして弾いてくれました。。

7/3発売予定ですー!!

パリレポ、、2

さてパリの二日目。。

この日も快晴。

朝食はホテル近くのパン屋さんで、、。
クロワッサンとこのブルーベリーのパン、、名前忘れたけど美味しかった〜
写真

午前中は日用品の買い出しー。

スーパーへ行くと、、でんっ、、てチーズ売り場が、、

大好物ですから、にじり寄りますが、やっぱり、、、安いっ!!!

この写真
おおきなブリーが、なんと200円ですぞ〜〜〜。

東京なら、1000円はするさ、、。(思わず購入!!)
フランスの友人も言ってました。
日本に輸入されてるフランスチーズは税金を食べるようなもの、と。

で、ホテルで、予習をして、
午後はモチベーションをあげるべく、
左岸にある
レクリューズへ。

バルバラも、ブレルも、ピアコロンボも歌っていたシャンソニエ。
今ではワインバーだそうで。

写真

本当にちいさな店。
日本から来た、っていうと驚きもせず、お店の歴史の本も見せてくれました、。
ほんとにバルバラがうたってる〜〜〜
写真

店のおねーさんは、
「ここらにピアノがあって、、このあたりでバルバラが歌っていたの」と。
でも、、おねーさんは明らかに20代、、、、笑

レクリューズからほんの数百メートル先のシャトレ座で歌った時はどんな気分だったんだろう、
などと考えながらワインを1杯頂いたのでした。

夜は、兄の友人で、今回、色々お世話もして下さる、パリで仕事をされてるMさんと食事。
ル・ソリレスという、アレクサンドルデュマ通りのフレンチ。
シェフもギャルソンもマダムも、皆、日本人。
美味しく頂きましたが、写メるのははしたないかな〜〜と。
昨今のパリでは、美味しいお店のほとんどには日本人シェフがいるとかー。

栄養も頂き、翌日からのレコーディングに備えましたー。

パリレポ、、1

皆さんは、どんなGWでした?
なんだか自分は、バタバタと。

さあて、記憶をとどめる意味でも、、パリレポを。

今回はなんとCDのレコーディングに出かけました。
パリで、レコーディング、、なんとまあ、、的な感じですが、
こちらも舞台と同じく手弁当です。

シャンソンを歌い始めて20年以上、、
本当に応援して、支えてくださる方達のおかげです。

舞台大好き、舞台の人間を自負してますから、
うたかたのごとく消えゆく夢の時空間。
そこに少しでも長くいたいと思って続けてきました。

シャンソンもその一つですが、続けていると
段々と、「CDはないのですか?」と聞かれることもあり、、
スタッフの宇都宮も、、CDの1枚はないとね。。。と常々。
そして、自分に寄り添ってくれた歌たちを形にもしたいなと考えるようになりました。
それでもなかなか心が決まらず。先延ばしになってました。

背中をおしてくれたのは、一昨年出逢ったジェラールダゲール。
本当に素敵なピアニストで、
また一緒にやりたい、とずーーーっと思ってました。
ジェラールとCDが出来たら、、ずっと応援して下さり、
ジュトゥヴや多くの舞台を見に来てくださってる方も喜んで下さるだろう、、
時を経て、体調等で舞台を見に来れなくなったファンの方も喜んで下さるだろう、、
との思いが一番です。

今年になって無謀にも、思いきってパリに打診すると、、
「もちろんすぐいらっしゃい!!」との嬉しい答え。
シルビィバルタンの公演と、ジュネーブでのミュージカル公演の合間に
時間を作ってくれる事になったんです。

単身パリに乗り込みました。

今回で6度目のパリですが、、、実は全くの一人は初めてでした。
これはこれで緊張でした。

一週間の滞在で8曲のレコーディング、、どうなることやら。。

沢山の不安をかかえてパリに。

宿泊はせめて慣れた街、、と思い、レピュブリックに。
便利な下町です。

二年前に訪れたときは工事中の広場もすっきりとー。
写真

ついたのは午後八時でもサマータイムにもなってて、明るいんです。

今回は観光ではないので、本当に身体をやすめ、出かけず、翌々日からの
レコーディングに備えました。。

パリでの通訳も務めて下さる和泉さんと、軽い夕食を頂き、、あとは就寝。
パリでの一日目が終わりましたー。

ひしひしと

蛙たち、、
たくさんのお客様にお越し頂き感謝です。

今回は「薫風〜爽やか」をテーマにしましたが、、

自分自身、、何とかパリの雰囲気を感じてもらおうと
スマホでとったメトロの音を持参〜。
結果「地下鉄の切符切り」を歌う流れに、、
ど、どこが、、爽やか??てな具合でした。

でも、若きホープの佐々木名央くんが飛び入り参加。
爽やかに「ラストダンスは私と」を披露。
花木嬢が、風のささやき、風の噂、をうたってくれてステキに。

お誕生日オンデイのMさん、、
今までで一番楽しかったバースデイ!と言って下さったのが、
何よりも、何よりも、、嬉しいGWの出来事です。

GWの蛙たち

世の中はGWですね、、。

自分はしっかり仕事ですが、、。
仕事は好きなのでー。
なかなかパリレポ書けずすみません。

夕方から振付けのあと、
夜は銀座の『蛙たち』

今夜もちょっとした趣向があります。

どうぞお出かけ下さいませー。

プロフィール

shimamocci

Author:shimamocci
嶋本秀朗のブログへようこそ!

※当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。


Hidero Shimamoto Official Web Site
はこちら。
公演チケットのご予約はこちらからメールにて承ります!

◇出演情報◇

--------------------------
銀座シャンソン・フェスティバル(振付)
2016.9.24(sat)
銀座ブロッサム中央会館
--------------------------
ライヴ
2016.10.6(thu)
シャンパーニュ(新宿)
--------------------------
佐竹律香リサイタル
(ステージング担当)
2016.10.7(fri)
さくらホール
--------------------------
嶋本プロデュース・ライヴ
2016.10.8(sat)
蛙たち(銀座)
--------------------------
軽井沢シャンソンコンサート
2016.10.11(tue)
軽井沢大賀ホール
--------------------------
劉玉瑛コンサート
(ステージング担当)
2016.11.8(tue)
内幸町ホール
--------------------------
ボジョレー・ヌーボーをシャンソンと共に
2016.11.21(mon)
浅草ビューホテル
--------------------------
白木ゆう子コンサート
(ステージング担当)
2016.11.26(sat)
内幸町ホール
--------------------------
ジュ・トゥ・ヴ 番外編
2016.12.3(sat)
蛙たち(銀座)
--------------------------
ライヴ(ゲスト出演)
2016.12.14(wed)
シャンパーニュ(新宿)
--------------------------

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。