嶋本秀朗ブログ

宇和島日記2

さてさて、、
文六さんのお部屋に上がらせて頂き、、満足したところで、、

岩松の近くの
「津島 やすらぎの里」に参りました。

ここは、道の駅と熱田温泉の合併施設。
お湯はトゥルッとした自分好みの湯でした。

湯上がりには、新居浜のセンちゃんオススメの宇和島特産の
「しらす丼」を頂きましたー。
なっそ、、という地酒も。。IMG_0752.jpg
美味でございました。

で、夕刻になり、
宇和島に戻ろうと、、バス停に行きますと、、
一人の女性がお待ちになってて、、
「宇和島行きなら、、3分ほどですよー。」
と、優しく。
「どこからおいでですか?」

かくがくしかじか、、文六さんが好きで、東京から、、と申しますと
「そりゃ〜〜、えろう遠くから。。」
バスの中でも隣に腰掛けました。

と、、バス発車と共に、、

「今な、、トマト買って、、とても大きくて美味しそうでしょ。
 ホテルに帰って食べなさいー。」
と、おっきなトマトを、二つ下さいました。

で、更に、、
「さっき、摘んだんよー。ゆすらうめ。どーーぞ。」
と小さな赤い実を下さいました。

甘酸っぱくて、、自然の深みのある実でした。
「種も食べられるけんねー。」

そして、、更に更に、、、
「宇和島ゆうたら、、じゃこ天!!さ、さ」
とじゃこ天をパックごと下さいました。

ええええ〜〜。。
恐縮^^^^^。

「温泉入りよったんですよね?どうでした??」
と聞かれ、、
素直に、、自分が温泉好きで、とても気に入った事をつたえました。

「そりゃそりゃ、、良かった、、でもね〜〜、私のお気に入りは、、
 山ン中にある”祓川温泉”!!」

なんでも、車で小一時間ほどの山奥にある温泉で、泉質がよいそうな。。

シマモトは免許も無いので、、聞き流すしかないのですが、、

「あ、そや、、明日、おとうちゃんに車出させるんで、どうですか?
 うちは、駅近くで、『ありあけ』いう料理屋やってるんですが、
 もう息子にゆずって、、おとうちゃんヒマですから。」

????車???
 温泉に???

自分のことはほとんど話してないので、、
どこの、誰で、、どんな仕事してるのか、、、全く話もしてないのに、、
TVの、旅番組のような展開に、ただただ、、びっくり。

「いえいえ、おとうさんもご予定がおありだろうし、、
 でも、こんなに頂きものもして、、本当に嬉しかったので、
 明日、食事に伺います。。」と辞退。

「ま、よろしーわ。明日、、お待ちしてますね。」とバスをおりられました。

で、沢山のお土産と共にホテルへ。
本当は、その「ありあけ」さんで夕食、と思いましたが、定休日だそうで。

IMG_0754.jpg

趣きのある橋を渡った所にある「ほずみ亭」さんに。

ここでも、おひとり様の自分に、女将さんが横で色々お話して下さり、
サービスで、珍しいものを出して下さいました。(またしても、、旅番組〜)
走り貝、、チャンバラ貝、、というのも初めて頂きました。
そして、念願の宇和島の「鯛飯」
IMG_0757.jpg
うま〜〜。
で、地酒も頂き、、心地よくそぞろ歩いておりますと。

「???」
なんと、松山在住の友人にバッタリ!
なんでも、宇和島に転勤になってたそうでー。
かるくビールなぞ飲みましたが,,
なんたる偶然!!

で、翌日、
ちょっとランチには少し早いかな、、と思いつつも。「ありあけ」さんに。

「よおー。きたね〜〜」と女将さん。
「昨日は、ありがとうございました。。」というやいなや、、

「おとうちゃん、、おとうちゃん、、ほら、昨日話しとった人〜〜」
と。
ちょっと無愛想な雰囲気の、お父さんが奥からでていらして。
「ほな、、いこうわいの。」

???え??

まさか???
「あたしは店があるけん、いけんけど、、途中で従兄弟が合流するけん」
と、女将さん。
その二分後、、
シマモトはおとうさんと二人、、車中にー。。

初対面の方と、イキナリ山奥へのドライブ、、、超レア旅番組ー!!
なにを話せば///

「あんた、、なちゃら歌手つうもんやってるんだってな。」
「は、はい。シャンソン歌手です」
「儲かるんかい?月100万くらい稼ぐとか??」
いやいや、、、とんでもハップン。

片道50分はあろうかという行程です。
、、、、。

と、なんでもおとうさんは古い映画が好きだそうで、、
その話でしばし、、繋ぐも、、また、、沈黙。

「これから行く温泉は、、ちっこいし、山奥だで、、行くひとはすくないんですらい」

あ、でた、、〜〜らい。。古い伊予弁!!
あ〜〜、、感激!!

更に
「何年か前に、、前田美波里さんが、いかれたんよ」

おお、、さすが無類の温泉好きビバさんー。
その話で、、、沈黙を少し破れました。

祓川温泉に着きましたが、、、
ほんとに山奥ー。
IMG_0760.jpg
泉質は良いし、景色もいいお風呂にー。
IMG_0758.jpg
IMG_0761.jpg

湯上がりには、従兄弟の方の所でとれた、みしょうかん、、(晩柑?)を頂きました。
お風呂代まで、、おとうさんがだしてくださって。

ほんと、、恐縮。

そして50分の帰途ー。
いっしょに温泉に浸かっただけに話はいろいろ進み、、
山の風も心地良かったです。

市内に戻り、、
「ありあけ」さんに入店。
IMG_0763.jpg

ランチぎり、でしたが、
薩摩汁に、珍しいウツボのたたきが、それはそれは、おいしくて、
絶品だったのは、女将さんの漬けた『らっきょう』
うなりまくりでした。
笑いながら女将さんは、小瓶いっぱいに、らっきょうのお土産も下さいました。

隣にいた、初めて東京から観光にきたDAMのTくんも合流しての昼間の宴会。
女将さんが、Tくんに
「あんたぁ、、もうちょっと早く来てたら、、温泉行けたのに〜〜」笑

本当に、、旅番組みたいな宇和島の二日でしたー。

「ありあけ」の女将さん、お父さん、、おいしい料理を作ってくれた息子の崇さん。
 本当にありがとうございますー。

^^^^^^^^^^
おまけ、、

「ありあけ」から、帰京すべく松山空港へ。
その時、、
「シマちゃん??」
久しぶりに会う、、古くからの友人でした。。
もう、、驚きも、、浅かったです-^o^
スポンサーサイト

宇和島日記

さてさて、、
二度伺い、、お留守の大畑旅館さんを後に公民館に。

善助餅の、ご主人がおっしゃるに、文六さんの資料があるとの事、

公民館も人が少なく、同設の図書館の方に伺いますと、、
新聞記事や自筆原稿を見せて下さいました。

岩松を舞台にした「てんやわんや」
そこに出てくる’大鰻’も展示されてました。
IMG_0744.jpg

ほんとうにおおきい!!

「大畑旅館さんにいきました??」と聞かれ、、
「残念ながらお留守でー」と。

すると、自分が見学してる間に電話で大畑さんを探してくださって。
「今、戻られましたけん、、おいでになって」
^0^

おお、、なんという幸せ〜〜。

御礼もそこそこに、またまた橋を渡って大畑旅館さんへ。

ご主人が待っていて下さって、、二階のお部屋へ通して下さりました。
すごーくドキドキ。。

とうとう二年もの間、文六さんの起居された部屋に!
IMG_0750.jpg
IMG_0748.jpg

当時のまんま、だそうで、感動につぐ感動でした。
色紙もあります。
IMG_0746.jpg

部屋の空気感、、川風、、
より作品がぐっと近くなるのを感じました。

もともと大庄屋の小西家の客人様の建物だったそうです。
いっぱいいっぱい写真をとりましたが、、
実際に、その場に行けた事の感動がすごくてー。

「こげん感動された方は、初めてですらい。笑」
とおっしゃるご亭主。
いろんなお話をさせて頂きました。
本当に、東京から行った甲斐がありました。

それにしても、、皆さん優しい!!
ありがとうございます。
感謝です。

そして、、更なる優しさにふれる事にー。。

つづく、、、^0^


初宇和島

新居浜の公演を終え、、
一路、宇和島へ。

ずっと行きたかった宇和島、。

敬愛する獅子文六先生が二年の間、疎開し、
小説「てんやわんや」の舞台となった場所です。

パリから帰国しての、宇和島。
別天地と、氏に言わしめた街は憧れでした。

新居浜から松山へ、、
列車を乗り継いで、宇和島到着!
これだけでも2時間半ちょっと。

宇和島は、、南国でしたー。
IMG_0726.jpg

リゾートチックな駅前。

ここから、、更に30分。
目的地、、津島の岩松です。
IMG_0743.jpg

もう、、この看板だけでも、、涙がー。

橋を渡れば、、岩松の古い町並みが
IMG_0728.jpg
IMG_0734.jpg
ここを文六さんも歩いたのか、、と思うと、、感慨深いです。

そしてついたのが、、
獅子文六さんの逗留していた、大畑旅館さん。
IMG_0731.jpg

おお、、なんとも風情のある建物。。

昼食をとって、ご亭主とお話し出来たら、、
などと、気分は先走りー。
で、玄関先で、
「ご免くださぁ〜〜〜い」
と言っても、、、シーーーン。
「すみませ〜〜〜ん」
と言ってもシ〜〜〜ン。

玄関はあいていても、、お留守のご様子。

お昼時だから、忙しいのかな?
などと思い、、とりあえず先に、岩松の町並み散策に。

IMG_0742.jpg

趣き深い、木造二階建てのおウチが沢山。

ああ、、昭和〜〜。

かつて文六氏に「名物にうまいものありっ」とうならせた
『文六餅』の看板も!
IMG_0732.jpg

(残念ながら、今は営業しておらず。自分は『善助餅』を見つけて購入!
おいしかった==!
岩松川べりを散歩しました。
IMG_0742.jpg

そして、今一祖、、大畑旅館さんへ。
いまだお留守の様。
やはり、、縁がなかったのか、。??

諦めて、、川の反対側の公民館へ。

そこから、、ビックリの連続でした。

それは、、また、明日==。

新居浜公演終了

七年ぶりの新居浜でのステージ。
無事に終了しました。

楽しかったの一言に尽きます。
(遠さが、少し以前よりコタえるようになりましたが、、)

地元の人達の優しさにあふれた公演でした。

子ども達の真っすぐで、よじれねじれのない眼差しに感動しました。

立派にオズの仲間を演じておりました。
IMG_0721.jpg

面白かったのは、初舞台のこの二人!!
IMG_0720.jpg

立派なガタイでしょう!

メイクは嶋本がしましたー。

真摯に役に向き合う姿は、清々しい!!

来年もまたー、、と思っております。

この後、自分のご褒美に、と、初宇和島にー。

明日にでも、レポ書きますねー。
さすがにちょっこり、疲れました。。ZZZZZZZ.

こうもり

今日は、宝塚、、『こうもり』を観て来ました。

7〜8年ぶりの宝塚。

オペレッタの『こうもり』は大好きな作品!
高校生から観てます。

二期会、、
フォルクスオパー
ローランプティ

で、宝塚。
IMG_0714.jpg

三幕もののオペレッタを、よくぞ110分にまとめたなーと、感心。。

アリアも歌って、、

元々の内容とは多少変えていましたが、、なかなかのもの。
楽しめました。

幕間に、シャンパンを頂き、良い気分でショーを拝見、。

IMG_0715.jpg

オーソドックスなショーでしたが楽しめました。

何より、組としてのチームワークが感じられまして、、。
こういう見方をするようになったのも、カンパニーを持つからでしょうか。。

きっとトップの方の人徳でしょうね、、。

良い時間でした。

イルドシャンソン vol.3

昨日の公演、、
無事に終わりましたー。
お出かけ下さいました皆様、、本当にありがとうございます。
御陰さまにて満員のお客様ー。

イルドシャンソン。。
ジュトゥヴの弟分的な公演。

幅広い年齢層の歌い手によるコンサート。

自分も、昨日は本当に気分良く、歌わせて頂きました。

登場した時に、客席のあたたかさにビックリしました。
リラックスして、前のめりに’聴く’という雰囲気に溢れてて。
とても嬉しかったです。

三回目にして、固まってきた感じがしました。

とにかく『濃い』メンバー
来年も、今年と同じ日に公演します。
5/17
濃いな、、と覚えて下さいませ〜〜。


五月も半ば

今年は、サミットがある為に
浅草のお祭りが全て前倒しにー。

なんかいつもと異なる感じです。

IMG_0704.jpg

今日からパリ祭のリハも始まりました。

御陰さまにて、イルドシャンソンも満席。
ありがとうございます。

薫風香る

まさに五月。。

いい陽気ですね。

先週は明後日のイルドシャンソンのコンサートの稽古がビッチリ。

大変ですが、、充実感はあります。

構成演出振付け、全て、、
というのは、、なかなか無いそうで、、

五月晴れの、お別れ

本当に、、五月晴れ、という言葉がぴったりな今日。

戸川昌子さんに最後のお別れをして参りました。

明るい、戸川さんは、晴れ女なのかな、と朝の空を見上げて思いました。

バラの花の祭壇は、華やかで、、
並べて飾ってあったお衣装も素敵でした。

お別れの時の先生の、お顔、キレイで、、、言葉になりません。。

ほんの5ヶ月前のライヴの1シーン
image131-430x323-1.jpeg
このライヴのあと、
『曲並べて、、ただ歌ってたってツマンないだろ。』
とのお言葉、深く胸に刻んでおります。

どうぞ安らかに。

嶋本秀朗

GWですが、、

良いGWをお過ごしですか?

自分はパタパタと過ごしてます。

昨夜は、ジュトゥヴのファンでもいらっしゃるMちゃんさんから
「実家で出来たタケノコと梅干しがあって、、お裾分けを〜〜」

との事で、銀座へ。

銀座のシャンパンバーで、すっかり御馳走になり、
頂いて帰った竹の子。。

で、「竹の子ご飯」初挑戦。
IMG_0684.jpg

見た目はそこそこですが、、

お味は、、今ふたつ、、。

明日、また再挑戦します!
プロフィール

shimamocci

Author:shimamocci
嶋本秀朗のブログへようこそ!

※当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。


Hidero Shimamoto Official Web Site
はこちら。
公演チケットのご予約はこちらからメールにて承ります!

◇出演情報◇

--------------------------
銀座シャンソン・フェスティバル(振付)
2016.9.24(sat)
銀座ブロッサム中央会館
--------------------------
ライヴ
2016.10.6(thu)
シャンパーニュ(新宿)
--------------------------
佐竹律香リサイタル
(ステージング担当)
2016.10.7(fri)
さくらホール
--------------------------
嶋本プロデュース・ライヴ
2016.10.8(sat)
蛙たち(銀座)
--------------------------
軽井沢シャンソンコンサート
2016.10.11(tue)
軽井沢大賀ホール
--------------------------
劉玉瑛コンサート
(ステージング担当)
2016.11.8(tue)
内幸町ホール
--------------------------
ボジョレー・ヌーボーをシャンソンと共に
2016.11.21(mon)
浅草ビューホテル
--------------------------
白木ゆう子コンサート
(ステージング担当)
2016.11.26(sat)
内幸町ホール
--------------------------
ジュ・トゥ・ヴ 番外編
2016.12.3(sat)
蛙たち(銀座)
--------------------------
ライヴ(ゲスト出演)
2016.12.14(wed)
シャンパーニュ(新宿)
--------------------------

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード