嶋本秀朗ブログ

ジェラール・ダゲール氏

雨がしとしと。。。

なんとなくいい雰囲気です。

今日は移動の多い一日で、
かのバルバラの自伝、『一台の黒いピアノ・・・』
を読了しました
写真

とても興味深い内容でしたが、

ラストのページ近くに、
今回、ジュトゥヴのゲストミュージシャンのジェラール・ダゲール氏の名前が。。

以下、抜粋です。

「もうひとり、風変わりなチリ出身の照明係がいた。
 私が彼に『ヨノセ』(スペイン語で。私には出来ない、、の意味)というあだ名を
 つけたのは、何を頼んでもこの言葉が返って来るからだ。
 それでも彼は、私の頼みに応え、赤いカラーフィルターの四分の三光量に設定したプロジェクターを
 指揮者兼ピアノ奏者のジェラール・ダゲールの背後に設置してくれた。
 この照明のおかげで、わたしも他のミュージシャンも、
 舞台の上で互いを見る事が出来るようになった。」

と、あります。

20年、バルバラと共に音楽を作ってきたジェラール氏。

今年三月、シルヴィバルタンのライヴ後、ミッドタウンの楽屋で、初めてお会いした時に

「この時計はバルバラがくれたんだー。」

と愛おしそうにオメガの時計を見せてくれました。

そして。今回ジュトゥヴで歌う曲の譜面をドイツにいる彼に送ったところ、

「皆さんの譜面のアレンジは素晴らしいです。
 しかし、私は長い事、バルバラと共に音楽をしてきました。
 彼女の音楽性、エスプリは熟知しています。
 日本の歌手の皆さんにそれをお伝えしたいと思います。
 すこしコードやアレンジを変えさせて下さい。」

とメールがきました。

 なんと幸せな事でしょう。

 どんな音が産まれるのか。

 とても楽しみであり、

 また、その音楽の産まれる場所が
 私の創るステージである事に責任と誇りを感じます。

 明日もしっかりリハーサルします。

 残席も少なくなって参りました。

 嬉しいです。

 何とかジェラール氏を満席の草月ホールにお招きしたいです!!

 心からお待ちしております!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

shimamocci

Author:shimamocci
嶋本秀朗のブログへようこそ!

※当サイトに掲載されている内容の無断転載、画像、音声、映像の無断複製・転用を禁じます。


Hidero Shimamoto Official Web Site
はこちら。
公演チケットのご予約はこちらからメールにて承ります!

◇出演情報◇

--------------------------
銀座シャンソン・フェスティバル(振付)
2016.9.24(sat)
銀座ブロッサム中央会館
--------------------------
ライヴ
2016.10.6(thu)
シャンパーニュ(新宿)
--------------------------
佐竹律香リサイタル
(ステージング担当)
2016.10.7(fri)
さくらホール
--------------------------
嶋本プロデュース・ライヴ
2016.10.8(sat)
蛙たち(銀座)
--------------------------
軽井沢シャンソンコンサート
2016.10.11(tue)
軽井沢大賀ホール
--------------------------
劉玉瑛コンサート
(ステージング担当)
2016.11.8(tue)
内幸町ホール
--------------------------
ボジョレー・ヌーボーをシャンソンと共に
2016.11.21(mon)
浅草ビューホテル
--------------------------
白木ゆう子コンサート
(ステージング担当)
2016.11.26(sat)
内幸町ホール
--------------------------
ジュ・トゥ・ヴ 番外編
2016.12.3(sat)
蛙たち(銀座)
--------------------------
ライヴ(ゲスト出演)
2016.12.14(wed)
シャンパーニュ(新宿)
--------------------------

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード